おいしい県立 白メシ学園|箸は剣よりも強し!青年よ茶碗を抱け!

芸術学部

炊きたては爆発だ!お米と芸術の関係を探る芸術学部。
アーティストならぬライスィストを目指し、白米芸術の真髄に触れましょう。

芸術学部

新米を食べたことをTwitterで伝えるためのデザイン的施策

1.はじめに

新米シーズンは1年間の中で最もエキサイティング。炊飯器のフル稼働と無限おかわりが日夜繰り広げられていることでしょう。
学園内でも毎日いたるところで「新米食べた?」という会話を耳にします。SNSで「新米食べました!」とつぶやいたり投稿したりしている人も多いようです。

2.動機:デザインの力で伝える

私は新米を食べていますが「新米食べた?」とリアルでもSNSでも毎日のように聞かれます。直接聞かれたら「食べたよ」「食べました」「食べたって昨日も言いましたけど?」などあらゆるバリエーションによってその都度伝えることはやぶさかでないのですが、SNSの場合「冷やし中華始めました」のような張り紙をひとつ準備することで「この人はもう新米食べた人なんだな」とわかってもらえる仕掛けが出来るのではないかと考えました。デザインの力で、新米済みか、未新米かを伝えようという試みです。

3.施策:「新米食べました」伝達ツールの制作

今回はTwitterのヘッダー画像とプロフィール用画像で「新米食べました」を伝達するツールを制作しました。
簡単なロゴマークにキャッチフレーズとして「新米食べました」と「Rice is Beautiful.」のメッセージを乗せたデザインを57個作ってそれを組み合わせた構成です。

Twitterのヘッダー画像1500px × 500px

新米を食べたことをTwitterで伝えるためのデザイン的施策

Twitterのプロフィール画像400px × 400px

新米を食べたことをTwitterで伝えるためのデザイン的施策

4.所感

「新米食べました」がたくさん並ぶと、結構迫力があるなぁと思いました。果たしてこれをTwitterで使用することで新米をもう食べているということが伝わるのか。自分のTwitterアカウントで実践してみようと思います。

(了)

【担当教員より】

数で勝負してきた感はありますが、量が質を生むと言いますからね。これだけ数多くの「新米食べました」は「冷やし中華始めました」で夏を感じるのと同じように、秋を想起させるなと思いました。私もTwitterで使ってみます。まずはTwitterを始めなくては。

評価:米新米新米新米米