おいしい県立 白メシ学園|箸は剣よりも強し!青年よ茶碗を抱け!

米総合学部

お米のことを徹底的にライススタディする米総合学部。
お米にまつわるウワサや知って得する情報など、幅広い白メシ知識を習得します。

米総合学部

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

1.米の世界には難しい漢字が多い

新嘗祭も終わって、クリスマスシーズンの到来です。この「新嘗祭」が読めないという知人がたまにいます。学園生で読めない人はいない「新嘗祭」。これはお米にまつわる祭儀の名前です。
御強、稲架掛け、倒伏、釜殖。お米と関係のある熟語の中には、読み方に迷う難しい言葉があります。読めても意味がわからない・知らない言葉も多々目にするのがお米の世界です。

2.漢字を勉強する工夫を考える

そんな難解・難読お米漢字を楽しく覚える方法はないのかなと考えたのが、クリスマスとのコラボです。楽しい=クリスマスという発想に間違いはないと思います。季節は冬です。暖かく・楽しく漢字の勉強になるクリスマスプレゼントはないものか。お米がひっつかないしゃもじに難しい漢字を書いておくという案もストックしつつ、今回はクリスマスセーターを利用して、難読漢字を覚える工夫に取り組みました。

3.クリスマスセーターに漢字を編み込む

以下に編み込んだ際のイメージ画像と、言葉の読み方・意味を掲出します。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)
稲の収穫を祝い,翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

一粒万倍(いちりゅうまんばい)
一粒の種子をまけば、その万倍もの粒となること。わずかなものから非常に多くの益をあげることのたとえ。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

御強(おこわ)
赤飯。現在では、もち米に小豆あずき以外の豆や栗くり、山菜などを入れて炊いたものもいう。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

飯盒炊爨(はんごうすいさん)
野外で、飯盒で煮炊きすること。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

生飯(さば)
食事のときに自分の食物から取り分けた飯粒。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

粳米(うるちまい)
米飯用として使われる普通の米。もち米に対して用いられる言葉。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

釜殖(かまぶえ)
米粒が炊きあがったとき、水分を吸収して分量が増えること。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

倒伏(とうふく)
稲・麦・樹木などがたおれること。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

稲架掛け(はさかけ)
竹や木を組んだ、刈った稲を掛けて乾かす設備。稲掛け。

お米にまつわる難読漢字を覚える工夫〜クリスマスセーターに編み込む〜

分蘖(ぶんけつ・ぶんげつ)
稲・麦・トウモロコシなどで、茎の根に近い節から新しく茎が発生すること。

4.所感

セーターにお米にまつわる難しい言葉が書いてあるだけで、「それって何て読むの?」と人から言われるコミュニケーションも誘発しますし、自分の勉強にもなります。ひとつ不具合があるとすれば、漢字だけ書いておいても読み方を忘れてしまうところです。最後の熟語はすでに読めません。ぶん……読めません。次回は読み方と意味も編み込むようなセーターを考えてみようと思います。(了)

【担当教員より】

Tシャツに書かれた英語を読まれる恥ずかしさを思い出しましたが、読み方が難しい漢字を書いておくというのはライスアイデアです。「五分搗き」という言葉も読めないなぁと常々思っていましたので、私には五分搗きセーターをお願いします。

評価:米米コメリークリスマス米米

参考・引用文献

Ugly Christmas sweater generator

コトバンク