おいしい県立 白メシ学園|箸は剣よりも強し!青年よ茶碗を抱け!

社会学部

お米と社会について学ぶ社会学部ではお米の歴史から
最新のごはん事情まで、あらゆる側面からお米を研究します。

社会学部

全国で開催中の新米キャンペーンを3つの視点で推察

1.はじめに

絶賛新米シーズンど真ん中です。各地で美味しい新米が収穫されているこの時期。もうひとつのお楽しみ、それが『新米キャンペーン』です。
各地で開催されているキャンペーンのWEBサイトやチラシを眺めているだけで、新米ツアーをしている気分が味わえます。
今回のレポートは、今しかテーマに出来ない新米のキャンペーンについて、3つの視点から考察してみようと思います。

2.視点

全国の新米キャンペーンを北海道から沖縄までひとつずつ調べていくのが私の新米シーズンにおけるルーティンになっています。言わずもがな今年2021年も、じっくりと各地のキャンペーン内容を精読して、その景品の豪華さに驚いたり、新米の写真の美しさに惚れ惚れしたりという贅沢な時間を過ごしたのです。
私が新米キャンペーンを見る時に注視する3つの項目をレポートの柱とします。

  1. 景品の単位
  2. WチャンスのWの意味
  3. 肉の割合

この3つにフォーカスを当てるだけで、新米キャンペーンをさらにエンジョイすることが出来ると私は思っています。

3.推察

本項では新米キャンペーンにおける3つの着眼点をさらに細かく確認していきます。

(1)景品の単位

新米キャンペーンには実にさまざまな豪華景品が用意されていますが、その景品の単位は2つに分類することができます。それは「賞」か「コース」です。
A賞、B賞、C賞などと景品を「賞」として扱う新米キャンペーンには大変好感を抱きます。人は誰しも賞を貰えれば嬉しいものです。私は過去にこれといった賞をもらったことがありませんでしたが、2年ほど前の新米キャンペーンに勇気を出して応募してみたところ、なんとE賞が当たったことがあります。嬉しかったです。新米は美味しさとともに嬉しさまでも私に与えてくれたのです。
景品を「コース」と呼ぶキャンペーンもあります。Aコース、Bコースと呼ぶ場合もあれば、「商品券コース」や「秋の味覚コース」と具体的な景品名+コースの組み合わせも存在します。いずれにせよどこか豪華な印象です。「秋の味覚コース」はその名の通り、きのこや栗など複数の食品がひとまとめになったお得な景品の場合が多くあります。新米までの道筋=コースを確実に歩んで欲しいという意味があるのだと思います。

(2)WチャンスのWの意味

Wチャンスというシステムが設定されているかも注目点です。Wチャンスの「W」の定義がキャンペーンによって異なることもありますから、どういう意味でのWなのかをしっかり理解することが新米キャンペーンを楽しむポイントのひとつとなるでしょう。
概ねここで言われる「W」とは、「落選しても、2回目のチャンスがあります」という意味の「DOUBLE」です。こんなに優しい制度があるのでしょうか。落選しても、もう一度チャンスがある。私は何度この言葉に救われたかわかりません。
「A賞は数名にしか当たらないけれど、より多くの=ワイドな人数が当たる景品」という「WIDE」のWである場合もあります。A賞の牛肉1名様、B賞のきのこ5名様、Wチャンスの商品券1000名様といった具合です。応募枠が突然ワイドになることで「私も当たるかもしれない」という淡い期待を抱くことができます。その期待が新米に対する愛情にも転化するのです。

(3)肉の割合

新米キャンペーンは、「とれたて新米プレゼント」とともに、「A賞ないしAコースが肉」ということも多いです。炊きたての新米と肉。いくら白メシがあっても足りなくなる禁断の組み合わせ。その他にも秋の味覚や野菜、果物などバラエティ豊かな景品の数々を眺めているだけで気持ちが豊かになってきます。これも新米キャンペーンの楽しみ方のひとつです。当たらないかもしれないけれど、見ているだけで楽しい。お腹が空いてくる。白メシでも食べるか、とこうなるわけです。

では最後に(1)〜(3)それぞれの数値データを、図版ⅰ、ⅱ、ⅲとして提出します。

※現在(2021年10月)開催中と確認できた新米キャンペーンの数=20

ⅰ 現在開催中の新米キャンペーンにおける「賞」と「コース」の数
現在開催中の新米キャンペーンにおける「賞」と「コース」の数
ⅱ 現在開催中の新米キャンペーンにおけるWチャンスの有無
現在開催中の新米キャンペーンにおけるWチャンスの有無

ⅲ 現在開催中の新米キャンペーンにおける肉の割合
現在開催中の新米キャンペーンにおける肉の割合

4.所感

多くの新米キャンペーンを比較することで、土地々々の特色を生かして新米をPRする試みが数多く見られました。
今回リサーチする上で気付いた注意点は「新米キャンペーン」だけでネット検索すると2021年ではない情報も稀にヒットすることがあるということです。私が調べた中でいちばん古い情報は、2016年の新米キャンペーンでした。
新米シーズンは最高潮です。私もキャンペーンをもっと調べながらたくさん新米を食べようと思っています。そうです。調べるところから新米キャンペーンは始まります。ぜひみなさんも「新米キャンペーン 2021 (地名)」で検索してみてください。

(了)

【担当教員より】

Wチャンスの定義をレポート化する試みはかなり珍しいと思います。ただ何となくで意味を勝手に解釈していました。ワイドという意味もあるという説、僕は嫌いじゃありません。新米キャンペーンは応募の締切が10月末、12月末、来年1月など各キャンペーンによって異なるので、カレンダーに書き込んでおくのが安全だと思います。

評価:米米新米米応募米